飲食店のメニューにあったり、ペットボトル飲料が買えたりと、プーアル茶は私たちにとってすっかり馴染み深い飲み物です。プーアル茶は、ダイエットに適した飲料であると言われています。なぜプーアル茶がダイエットに適しているのか、その理由を解説します。

プーアル茶には、「プーアル茶重合ポリフェノール」というプーアル茶独自の成分があります。このプーアル茶重合ポリフェノールは、小腸での脂肪の吸収を妨げ、脂肪の体外への排出を促します。しかし、プーアル茶はすでに体内に蓄積されてしまった脂肪に対しては効果を発揮しません。プーアル茶重合ポリフェノールの脂肪吸収を防ぐ働きは、胃や腸に食べ物があるときに発揮されるのです。プーアル茶で脂肪吸収を妨げるには、胃や腸に食べ物がある状態の、食間や食後にプーアル茶を飲むことが重要です。

プーアル茶には、脂肪の吸収を妨げる効果の他、脂肪燃焼を助ける効果もあります。ウォーキングや水泳などの有酸素運動を行う前にプーアル茶を飲むと、基礎代謝があがり脂肪燃焼効果が上昇します。プーアル茶は有酸素運動の効果を上昇させるのに適した飲み物なのです。

プーアル茶は、プーアル茶の持つ脂肪吸収を妨げる効果と脂肪燃焼を助ける効果の2つの効果により、ダイエットに適した飲料であると言えます。しかし、飲みすぎには注意しなければなりません。プーアル茶に含まれている鉄分の吸収を妨げるタンニンという成分やカフェインは、空腹時に摂取すると胃に負担がかかってしまいます。空腹時に大量にプーアル茶を飲むと、胃が荒れたり胃痛を引き起こす原因となります。また、カフェインを含むため、夜に飲みすぎると眠れなくなってしまいます。プーアル茶でダイエットをしたい方は、飲みすぎに注意し、適量を飲みましょう。コップで3、4杯が、1日の適量だと言われています。また、冷たいプーアル茶を飲むよりは、温かいプーアル茶を飲む方が効果が上昇すると言われています。

お茶ダイエットについて

身近な食品、飲料を使ったダイエットの話はつきませんが、今回はお茶ダイエットについて紹介したいと思います。

お茶にも様々な種類がありますが、

一番お薦めしたいのは、「緑茶」です。

緑茶の作用も多用で、殺菌作用・美白作用・利尿作用などがあります。

ダイエットに必ず必要なのは運動ですが、

お茶を利用したダイエットということで、今回は運動以外でお茶を使えるダイエット方法を見ていきます。

緑茶の美白作用を利用した、食欲抑制ダイエットです。

モデルさんの多くも、食事制限や、食欲を抑える方法を研究されていますが、その中のひとつとして効果的なのは、「歯磨き」でした。

食後すぐであったり、口寂しいときなどに、歯磨きをすることで口の中が爽快になり、食欲が抑えられます。また、口の中がきれいになったので、改めて食べ物を食べて歯磨きをするのが億劫になり、食べることを自制するようになります。

その歯磨きが頻繁にできないとき、よりこまめな時間帯におすすめしたいのが、「緑茶うがい」です。

小学校などで緑茶うがいは良く推奨されて行われていますが、その目的は緑茶の殺菌効果を利用した風邪予防、です。

普通の水でうがいをするよりも、緑茶を利用したほうが、より効果的に殺菌ができるからです。

同時に、緑茶でうがいをすることで口内ももっときれいになり、歯の美白にも影響があります。

そのように口内を洗浄することで、歯磨きと同じように食欲を抑制するきっかけにできます。

また、水分を取ることは気持ちを落ち着けることに効果的ですが、

こまめにとる水分をお茶に変えるだけでも、

より血糖値の上昇を抑え、食欲もまぎらわすことができます。

お茶を飲むことで健康に、また風邪予防もしながら、ダイエットもできるので、とても手軽でありながらお得なやり方だと思います。

緑茶に飽きたときは、フレーバーティーなどを利用してみるとその良い香りで食欲が落ち着き、同時にリラックス効果も得られるのでおすすめです。

「食事後にも食事中にもダイエットプーアール茶!」
初夏の頃、日が長くなり夕食時の空が少し明るく見えるような季節にジャスミンの花は咲き、香りが漂います。
そして、美味しい料理を食べた後には、あのダイエットプーアール茶の香りのするダイエットプーアール茶を飲みたくなります。
特に中華料理を食べた後の至福の満腹感に、反比例するような脂っこい舌触りや胃がもたれるような重たい感じが、暖かいダイエットプーアール茶を飲むと不思議なほど消える経験があれば、食後のダイエットプーアール茶は欠かせなくなりますね。食後にジャスミン茶を飲むと、美味しかった食事がすっぽりと、丁度良くおなかに収まるような感覚になり、食べ過ぎが防げます。これは、ダイエットプーアール茶のリラックス効果と脂肪分解効果と消化促進効果のおかげだと言われています。
そして、美味しいものを食べ過ぎないためには、食後に飲む美味しいジャスミン茶をお食事中にも飲むようにするとダイエット効果が増すとも言われるようになりました。
「寒い時には暖かいダイエットプーアール茶を暑い時にはダイエットプーアール茶を!」
沖縄のさんぴん茶は別名ですが、長寿の方が多いことでも知られる沖縄では、食事の中のさんぴん茶が推奨されています。ダイエットプーアール茶の香りは料理の邪魔にならないので、水の代わりに飲むようにすると、脂肪分解が促がされダイエット効果が期待できそうですね。
ご存知の通り、ダイエットには食事の献立のメニューを工夫することが一番大切です。食べないことではなくて、如何に上手に太らない量を食べるのかがダイエットを成功させる鍵だと言われていますね。
野菜やお肉やお魚や主食になるお米やパンをバランスよくメニューに取り入れて、食べ過ぎないで満腹感を味わえれば、ダイエットを続けていくことができるはずです。ですから、ダイエットプーアール茶に限らず、お茶だけでダイエットができることはほとんどないと思われています。けれど、もしダイエットプーアール茶のような、リラックスを促してくれるお茶を積極的に飲むようにしていたら、ダイエットをしていることへのストレスを感じなくてすむうえに、食べ過ぎるタイミングを減らすことも期待できます。
お茶には利尿作用があるので、むくみがとれる効果もあります。なので、むくみから脂肪がつくことを防ぐ働きも期待できますね。
お茶の時間があるとゆとりが生まれ、そのゆとりが心を満たしてくれるので、食べ過ぎやストレス喰いのような、暴食をしなくなることも期待できます。寒い季節には暖かいダイエットプーアール茶を暑い季節には冷たいお茶を香りとともに楽しめるようにしたいですね。

ダイエットプーアール茶を毎日飲んでいるという人は、病気になりにくいという話を聞いたことがあります。

ダイエットプーアール茶に多く含まれているカテキンが体に良いことをもたらしているのだと思います。

免疫力がアップするので、ウイルスから身を守れます。

お茶の産地として有名な静岡県の人は、太っている人が少ないです。

その秘密は、ダイエットプーアール茶をたくさん飲んでいるのでエネルギーを消費しやすい体質のなっているからです。

血糖値を下げてくれるという効果があるので、甘いものを食べすぎてしまったなあというときにはダイエットプーアール茶を飲むと良いです。

ダイエットプーアール茶の中には、フッ素が含まれているので食後に飲むと虫歯の予防になります。

外出先で歯を磨きたいけれど磨けないというときには、お茶を飲むと良いです。

冬はインフルエンザが流行します。

インフルエンザにならないようにするには、外出先から帰ってきた後にお茶でうがいをすると菌を洗い流すことができます。

物忘れが気になるようになったら、毎日緑茶を飲むようにすると記憶力がアップすると言われています。

昔わたしはダイエットプーアール茶をよく飲んでいました。ダイエットプーアール茶が流行った時期があったのです。それまでダイエットプーアール茶の存在自体知らなかったわたしでしたが、ダイエットプーアール茶がダイエットや美容に効くと聞いてからダイエットプーアール茶中心に飲むようになりました。

それまではわたしは緑茶が好きだったのでお茶と言えば緑茶だったのです。お茶どころで生まれ育ったので、小さな頃から食事時には淹れたての緑茶が出ていつもおいしく飲んでいました。缶やペットボトルに入ったお茶とは全く違う淹れたての緑茶はほのかに苦みがあり、そしてほのかに甘みを感じて、子供ながらに大好きな飲み物でした。

お茶が美味しい場所で育ち美味しい緑茶ばかり飲んでいたので他のお茶を知らなかったのですが、ダイエットにはダイエットプーアール茶が良いと聞いてから杜仲茶に変更しました。ダイエットに効果があると聞きましたが、わたしの場合は体調維持に役に立ちました。体重はそれほど減らなかったけれど確かに体調は良くなり好きなお茶になりました。

 

ダイエットプーアール茶はこれからも飲みたいお茶の一つです。

紅茶は様々な栄養成分を含んでいますが、そのいくつもの成分が殺菌作用を持ち、健康に導いてくれます。

カビの一種である白癬菌である水虫には、紅茶の赤い色を出してくれる「テアフラビン」という成分が効果的であり、患部を紅茶でよく拭いてつけると効果があるといわれています。

下痢や食中毒の予防にも紅茶の飲用が効果的になります。O-157などの感染力の強い症状でも、解毒効果があるカテキン類のはたらきで解毒へとつなげていってくれます。サルモネラ菌、ビブリオ菌、ボツリヌス菌などに対して、1mlの紅茶に含まれるカテキン類で1万個の病原菌を3~5時間で死滅させるといわれています。

もちろん風邪の予防にも効果を発揮してくれます。風邪のウィルスを抑えてくれますので、紅茶でうがいをする習慣をつけるといいでしょう。これは紅茶の出がらしでも十分な効果を発揮してくれます。カテキンのほかにもタンニンも高い効果を発揮してくれます。風邪をひいたら、温かい紅茶を飲んで休むといいでしょう。

皆さんは桑の葉茶をご存知でしょうか、桑とは絹の原材料となる蚕が食用とする葉っぱの事です。

日本でも昔は盛んに絹の生産が行われていた関係で桑が植樹されてきましたが、生産力が低下したために桑の姿もだんだんと減って来たのです。

しかし、最近になって桑の葉には便秘改善や血糖値の上昇を抑制する物質が豊富に含まれている事が分かったのです。

と言っても、昔の人達や古代中国の文献からは、日常的に桑の葉茶を飲んで健康を維持していたそうなので、先人たちの英知には驚かされます。

この桑の葉茶は、新芽が伸び始めた5月頃から収穫を始め、蒸し器で蒸してから天日で乾燥させた後に、ほうじ茶を作る様な要領で軽く煎って利用するのです。

桑の葉っぱは生命力が非常に旺盛で、本州のほとんどのエリアで生育しているし、切っても切っても何度でも芽を出してくる(又・又・又・木になる)ので桑と言う感じが出来上がったそうです。

そんな桑の葉の生命力を戴くのですから、効果は大きいです。

最近では、粉末タイプの桑の葉茶も市販されているので、ダイエットに飲むお茶としては最適です。