飲食店のメニューにあったり、ペットボトル飲料が買えたりと、プーアル茶は私たちにとってすっかり馴染み深い飲み物です。プーアル茶は、ダイエットに適した飲料であると言われています。なぜプーアル茶がダイエットに適しているのか、その理由を解説します。

プーアル茶には、「プーアル茶重合ポリフェノール」というプーアル茶独自の成分があります。このプーアル茶重合ポリフェノールは、小腸での脂肪の吸収を妨げ、脂肪の体外への排出を促します。しかし、プーアル茶はすでに体内に蓄積されてしまった脂肪に対しては効果を発揮しません。プーアル茶重合ポリフェノールの脂肪吸収を防ぐ働きは、胃や腸に食べ物があるときに発揮されるのです。プーアル茶で脂肪吸収を妨げるには、胃や腸に食べ物がある状態の、食間や食後にプーアル茶を飲むことが重要です。

プーアル茶には、脂肪の吸収を妨げる効果の他、脂肪燃焼を助ける効果もあります。ウォーキングや水泳などの有酸素運動を行う前にプーアル茶を飲むと、基礎代謝があがり脂肪燃焼効果が上昇します。プーアル茶は有酸素運動の効果を上昇させるのに適した飲み物なのです。

プーアル茶は、プーアル茶の持つ脂肪吸収を妨げる効果と脂肪燃焼を助ける効果の2つの効果により、ダイエットに適した飲料であると言えます。しかし、飲みすぎには注意しなければなりません。プーアル茶に含まれている鉄分の吸収を妨げるタンニンという成分やカフェインは、空腹時に摂取すると胃に負担がかかってしまいます。空腹時に大量にプーアル茶を飲むと、胃が荒れたり胃痛を引き起こす原因となります。また、カフェインを含むため、夜に飲みすぎると眠れなくなってしまいます。プーアル茶でダイエットをしたい方は、飲みすぎに注意し、適量を飲みましょう。コップで3、4杯が、1日の適量だと言われています。また、冷たいプーアル茶を飲むよりは、温かいプーアル茶を飲む方が効果が上昇すると言われています。